YI

ロジカルに考え、リリカルに語れ。

アジール・フロッタン 浮かぶ避難所

8月22日まで新日石ビル1階のASJ TOKYO CELLにおいてアジールフロッタンの展示が行われている。
www.asileflottant.net

アジールフロッタンはコルビュジェがコンクリート製の船を「浮かぶ避難所」として設計し直し、増築したもので、老朽化が進んだ現在は再生計画が進められている。計画は遠藤秀平氏の設計で進められており、8月19日にはクラウドファウンディングも始めるようだ。

とても丁寧な展示で、解説も素晴らしく無料で貰える冊子だけでも行く価値はある。

ブループリントをイメージした冊子表紙。

短冊型の解説用紙も良いクオリティ。


若干無理矢理ではあるが、サヴォア邸の前に近代建築の五原則が船上で構築されていたというのが解り、とても興味深い展示だった。

そもそも船と建築というのは意外と相性がよく、豪華客船などは集合住宅とも似ていたりする。
コルビュジェのユニテ・ダビタシオンなどは客船に例えられている。

MVRDVの集合住宅サイロ=ダムなども水上に浮かぶ姿は船を連想させる。
Untitled

日本においては東新宿の軍艦マンションや、集合住宅が島を埋め尽くした軍艦島などがある。

また、ドローイングのみだが、ハンス・ホラインは空母をそのまま地表に置き、「航空母艦都市」なるものを発表している。
http://www.hollein.com/var/ezwebin_site/storage/images/kunst/flugzeugtraeger-in-der-landschaft/1967_flugzeugtraeger_in_der_landschaft.jpg/6496-1-ger-DE/1967_FLUGZEUGTRAeGER_IN_DER_LANDSCHAFT.jpg_projectimage.jpg

www.hollein.com

船=建築・都市のイメージは様々な作品に及び、マクロスシリーズやガールズアンドパンツァーの学園艦などに見ることができる。
f:id:rotten_apple:20170817195323j:plain

ともあれ、建築と船の関係をしめした原初的な作品であるアジールフロッタンに再び触れる時を楽しみにしたい。

マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)

マルセイユのユニテ・ダビタシオン (ちくま学芸文庫)

HANS HOLLEIN 作品集―a+u Extra Edition(エー・アンド・ユー臨時増刊)1985.2

HANS HOLLEIN 作品集―a+u Extra Edition(エー・アンド・ユー臨時増刊)1985.2

MVRDV: Works and Projects 1991-2006

MVRDV: Works and Projects 1991-2006