読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YI

ロジカルに考え、リリカルに語れ。

20年

この間、輪るピングドラムを見なおしていた時に、「かえるくん、東京を救う」を読み返したくなり、近所の本屋に買いに行った。20年経っても村上春樹の本は電子化されていない。

20年経った阪神大震災と同じく、村上春樹にはちょっとした因縁がある。春樹*1が屋上からレコードを投げた神戸の学校に通っていたからだ。そこの図書室で村上春樹を借りて読んでいた。出身校だからと言って、特別扱いされることもなく、彼の本は普通に書架に収まっていた。

かえるくんは想像力の中で戦った。20年経っても、戦い続けている人達がいるのだろう。

わからないことは多いけれど、時代は意味と理由に終わりを求め、考え続けることを許してくれない。迷いと思考は切断されて、日常に回収される。

それでも、安易にわかったふりをするより、ずっと考えていたい。

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

*1:なぜ村上春樹は下の名前で呼びたくなるのか